教育研究者総覧

柴田 奈美
造形デザイン学科
教授
Last Updated :2019/05/20

基本情報

学歴

  • 1981.03, 岡山大学教育学部小学校課程国語専修
  • 1989.03, 岡山大学教育学部教育学研究科国語専修(修)
  • 2000.03, 安田女子大学大学院日本語日本文学専攻(博)

学位

  • 2000.03, 博士, 文学, 安田女子大学, 博士論文題名「正岡子規の俳句における伝統の継承と革新ー俳句分類作業を通してみた子規俳句の研究ー」(『正岡子規と俳句分類』と改題して出版)

職歴

  • 1993.04, 2007.03, 岡山県立大学短期大学部, 講師・准教授
  • 2007.04, 2010.03, 岡山県立大学デザイン学部, 准教授

資格・免許

  • 1981.3, 小学校教諭一級普通免許状
  • 1981.3, 中学校教諭一級普通免許状(国語)
  • 1989.3, 高等学校一級普通免許状(国語)

研究者基本情報

専門分野

  • 日本文学

研究の概要

  • 正岡子規を中心とした近・現代俳人,俳句の研究を行なっている(受託研究「赤木格堂の研究」2000年度両備檉園記念財,2001年山陽放送学術文化財団). 教材としての俳句という視点で『戦後における俳句教材史の研究』を1989年に上梓.俳句表現を文法的な視点から分析・鑑賞し,『俳句表現の研究』を1994年に上梓. 子規・漱石・虚子の文芸的交流という視点,俳句分類作業を基盤とした子規の俳句革新のあり方という視点から研究を進め,『子規・漱石・虚子ーその文芸的交流の研究ー』『正岡子規と俳句分類』を1995年,2001年に上梓した. 2007年度からデザイン学部に所属が変わったことを契機とし,美術の領域に大きく関わる子規の写生論の研究に本格的に取り組んだ.
  • デザイン学部の学生が,専門に直接活かすことのできる俳句鑑賞法・創作指導法を研究している. 絵画と俳句の共通点,映像と俳句の共通点,キャッチコピーと俳句の共通点を明らかにしたうえで,有名な俳句や学生の俳句作品を提示し,具体的に鑑賞方法・創作方法を指導した.ビジュアルと言語表現の可能性というテーマで,デザイン専門分野の教員と共同研究を続け,成果を紀要等に発表している.
  • 1981年より山口誓子に師事し,句作を開始.1997年に第1句集『天啓』を上梓. 1997年からは正岡子規が目指した絵画的な俳句,また困難とした人事句を中心課題として取りみ,2007年に第2句集『黒き帆』を上梓した. 現在は写生に重心を戻しつつ,滋味ある奥深い作風を目指している. 第3句集の出版に向けて準備を始めている.

現在の研究テーマ

  • 正岡子規及び子規周辺の俳人の研究
  • 俳句表現の研究
  • 俳句とビジュアルの融合の研究

相談、共同研究可能なテーマ

  • 句会指導
  • 俳句研究
  • 俳論研究

教育活動

担当授業科目

  • 2017, 文学と美術
  • 2017, 造形デザイン基礎ゼミナール
  • 2017, ビジュアルデザイン演習Ⅳ
  • 2017, 日本語表現
  • 2017, 日本語文章作法
  • 2017, デザイナーのための文章表現
  • 2017, 日本文学
  • 2017, コピーライティング
  • 2016, ビジュアルデザイン基礎ゼミナール
  • 2016, ビジュアルデザイン演習Ⅳ
  • 2016, 文学と美術
  • 2016, 日本語表現
  • 2016, 日本語文章作法
  • 2016, デザイナーのための文章表現
  • 2016, 日本文学
  • 2016, コピーライティング

研究活動

論文

  • 201408, 玉木愛子句文集『真夜の祈り』, 第17巻第8号p.8~p.11, 柴田奈美
  • 201403, 「授業『デザイナーのための文章表現』の教材開発」, vol.12 p.15-p.20, 柴田奈美
  • 201508, 「村上鬼城の作風の変遷と深化」, No.1000 p.80~P.81, 柴田奈美

書籍等出版物

  • 201410, 『坊ちゃん事典』「初期俳句(漱石)」, 勉誠出版 , 柴田奈美

コンペティション

  • 201609, あんぱんに大きな臍や獺祭忌, 第115回子規忌献詠俳句大会, 松山子規会
  • 201609, 真黒な蝶次々と草いきれ, 公益社団法人俳人協会創立55周年中国俳句大会, 公益社団法人俳人協会
  • 201603, 遠足の列にはさまれ乳母車, 平成28年岡山県俳人協会総会句会, 岡山県俳人協会
  • 201603, 「イニシャルのKにときめく古日記」, 第9回佐藤鬼房顕彰全国大会, 佐藤鬼房顕彰委員会
  • 201609, あんぱんに大きな臍や獺祭忌, 第115回子規忌献詠俳句大会, 松山子規会
  • 201609, 真黒な蝶次々と草いきれ, 公益社団法人俳人協会創立55周年中国俳句大会, 公益社団法人俳人協会
  • 201603, 遠足の列にはさまれ乳母車, 平成28年岡山県俳人協会総会句会, 岡山県俳人協会
  • 201603, 「イニシャルのKにときめく古日記」, 第9回佐藤鬼房顕彰全国大会, 佐藤鬼房顕彰委員会
  • 201609, あんぱんに大きな臍や獺祭忌, 第115回子規忌献詠俳句大会, 松山子規会
  • 201609, 真黒な蝶次々と草いきれ, 公益社団法人俳人協会創立55周年中国俳句大会, 公益社団法人俳人協会
  • 201603, 遠足の列にはさまれ乳母車, 平成28年岡山県俳人協会総会句会, 岡山県俳人協会
  • 201603, 「イニシャルのKにときめく古日記」, 第9回佐藤鬼房顕彰全国大会, 佐藤鬼房顕彰委員会

展示、演奏等

  • 201812, 切れ味, 「銀化」の会, 第一同人欄, 銀化の会, 半身は塵となりたる落蟬よ 他6句
  • 201811, 自画像, 「銀化」誌, 第一同人欄, 銀化の会, うなづくかゐねむりか夏期講習会 他6句
  • 201810, 響むもの, 「銀化」誌, 第一同人欄, 銀化の会, 路地の奥奥へと日傘白光す 他6句
  • 201809, 一跨ぎ, 「銀化」誌, 第一同人欄, 銀化の会, 韋駄天の速さの蟻を一跨ぎ 他6句
  • 201808, 小さき嘘, 「銀化」誌, 第一同人欄, 銀化の会, 豆の花母親役は顔しかめ 他6句
  • 201807, 魚の影, 「銀化」誌, 第一同人欄, 銀化の会, 高い高いして触らせる花の枝 他6句
  • 201806, 黒帯, 「銀化」誌, 第一同人欄, 銀化の会, 書き遺すことのあれこれ春炬燵 他6句
  • 201805, しづかな力, 「銀化」誌, 第一同人欄, 銀化の会, ヒロインの出番近づき春の雪 他6句
  • 201804, 自画像, 「銀化」誌, 第一同人欄, 銀化の会, 燕来る山懐の釈迦目がけ 他5句
  • 201803, 背筋真直ぐ, 「銀化」誌, 第一同人欄, 銀化の会, 家鳴りやこんな夜は雪女出ると 他6句
  • 201802, 天寿, 銀化」誌, 第一同人欄, 銀化の会, 法要の説法長し冬うらら 他6句
  • 201801, 秋冷, 「銀化」誌, 第一同人欄, 銀化の会, 両肺のすでに真白し二日月 他6句
  • 201712, 落下傘, 銀化, 第一同人作品, 銀化の会, 「落下傘つぎつぎ開き曼殊沙華」他6句掲載 主宰の選あり
  • 201711, 一笛, 銀化, 第一同人作品, 銀化, 「月の座を侵さぬやうに大花火」他6句掲載 主宰の選あり
  • 201710, 鳳仙花, 銀化, 第一同人作品, 銀化の会, 「おどけ役いつも引き受け鳳仙花」他6句掲載 主宰の選あり
  • 201709, 大音声, 子規研究の会会報, 俳壇, 子規研究の会, 「獅子頭大音声を挙げて死す」他6句掲載
  • 201709, 夢の途中, 銀化, 第一同人作品, 銀化の会, 「山椒魚暗示をかけられたるやうに」他6句掲載 主宰の選あり
  • 201708, 小さき花束, 銀化, 第一同人作品, 銀化の会, 「道端に小さき花束聖五月」他6句掲載 主宰の選あり
  • 201707, 獲物見る目, 銀化, 第一同人作品, 銀化の会, 「瀕死の鶴のごと雨の白牡丹」他6句掲載 主宰の選あり
  • 201706, 皇帝の名, 銀化, 第一同人作品, 銀化の会, 「皇帝の名前戴く仔馬かな」他5句掲載 主宰の選あり
  • 201705, 「さくら鬼」, 銀化, 第一同人作品, 銀化の会, 「さくらさくら鬼になつたる娘かな」他6句掲載 主宰の選あり
  • 201704, 「平安の闇」, 「銀化」, 第一同人作品, 銀化の会, 「塗りつぶすマークシートや外は雪」他6句掲載 主宰の選あり
  • 201703, 「初景色」, 「銀化」, 第一同人作品, 銀化の会, 「坂多きふるさとの町初景色」他6句掲載 主宰の選あり
  • 201702, 「雪女」, 「銀化」, 第一同人作品, 「銀化」俳句会, 団欒の窓を覗きて雪女 他6句掲載 主宰の選あり
  • 201701, 「真二つ」, 「銀化」, 第一同人作品, 「銀化」俳句会, 「全霊を込めて南瓜を真二つ」他7句掲載 主宰の選あり
  • 201503, 「萬の鈴」, 「銀化」, 同人特別作品, 銀化, 「山峡や翼平らに春の鳶」他9句
  • 201603, 天守への道くきやかに初景色等10句, 合同句集第十三集, 合同句集第十三集, 岡山県俳人協会, 合同句集に10句掲載
  • 201612, 末枯や太極拳の腕伸びて等60句, 銀化, 第一同人欄, 銀化句会, 平成28年1月号から12月号までの掲載作品60句
  • 201512, 「園児らに囲まれてゐる煙茸」等60句, 「銀化」, 第一同人欄, 銀化俳句会, 「銀化」に2015年1月号から12月号まで60句発表
  • 201603, 整ふる息, 合同句集 第十二集, 合同句集 第十二集, 岡山県俳人協会, 岡山県俳人協会の編集・発行する「合同句集」に作品10句発表
  • 201404, 剥き出しの鉄湾曲し鵙日向 など7句, 子規研究の会, 俳壇, 子規研究の会, 「子規研究の会」会報の俳壇に俳句7句を発表
  • 201412, 坂多き町に生まれて小春凪」他60句, 「銀化」, 第一同人欄, 銀化句会, 年鑑60句「銀化」誌に発表

依頼制作

  • 201805, 「俳壇年鑑」諸家自選, 本阿弥書店, 「どんぐりの降る降る鬼は十数ふ」一句を発表
  • 201801, 「新俳句年鑑」諸家自選六句, 北溟社, 写真と経歴付きで6句発表
  • 201804, 「俳壇」5月号「どう打開する?作句スランプ」, 本阿弥書店, 「私の句作スランプ脱出法ー子規研究とともに」という題で、句作におけるスランプ脱出法を具体的に示した。
  • 201705, 俳壇年鑑, 「俳壇」編集部, 代表句一句「羽のごとく拾ふ一片白牡丹」を掲載
  • 201708, 風の生まるる, 俳壇編集部, 「黒幕のごとくひかへて蟇」他6句掲載
  • 201701, 詩歌句年鑑, 北溟社, 「次代をになう女性俳人たち」の一人としてエッセイと写真とともに紹介された
  • 201701, 詩歌句年鑑, 北溟社, 「篝火の音にたじろぐ孕み馬」他4句掲載
  • 201501, ちやんばらの子が跨ぎ跳ぶ春の川, 北溟社, 「詩歌句年鑑」「俳句」に俳句5句掲載
  • 201608, 句集「桜人」跋文, 岸しのぶ, 俳人岸しのぶ氏の句集「桜人」の跋文
  • 201605, 鳥の恋譜面に音符書き足して, 俳壇, 諸家自選2500句に掲載
  • 201601, しづしづと囲の真中へ女郎蜘蛛, 北溟社, 俳句五句掲載(「詩歌句年鑑(俳句)部門)」

外部資金

受賞

  • 201703, 佐藤鬼房顕彰全国俳句大会, 選者入選, イニシャルのKにときめく古日記
  • 201609, 公益社団法人 俳人協会, 中国俳句大会 選者入選, 真黒な蝶次々と草いきれ
  • 2002.5, 山陽放送学術文化財団, 谷口記念賞
  • 2002.11, 岡山市文化奨励賞(学術部門)
  • 2003.1, 俳人協会, 評論賞

社会貢献活動

地域貢献活動

  • 201702, 201704, 美崎町「さくらのうた」俳句部門選考, 俳句部門の選考、表彰式での審査概評, 俳句部門の選者
  • 201704, 201803, 日本語検定研究委員, 日本語検定試験問題の検討, 研究委員
  • 201710, 201710, 朝日塾「ゆめ」俳句大賞, ジュニアの俳句の選考と表彰式, 選考委員長、表彰式での総評
  • 201705, 201705, OPUフォーラム, ポスター発表, 研究代表者
  • 201704, 201803, 日本現代詩歌文学館振興会評議員, 詩歌文学賞の推薦, 俳句部門の推薦
  • 201701, 201701, 日本現代詩歌文学館振興会評議員として詩歌文学賞俳句部門の推薦, 日本現代詩歌文学館評議委員として詩歌文学賞俳句部門の推薦, 評議員として詩歌文学賞俳句部門の推薦
  • 201605, 201605, OPUフォーラム, OPUフォーラムにて「『ホトトギス』俳人村上鬼城の作風の変遷」に関するパネル発表, パネル発表 単独
  • 201609, 201609, 公益社団法人俳人協会創立55周年中国俳句大会, 俳句大会, 選者
  • 201703, 201703, 赤磐市立磐梨中学校 俳句授業, 中学校で俳句の出前授業, 講師
  • 201610, 201610, 朝日塾「ゆめ」俳句大賞選考会・表彰式, 俳句の選者・表彰式での選評, 選考委員長
  • 201602, 201604, 美咲町「さくらのうた」俳句部門選者, 俳句の選考と授賞式参加と選評, 俳句部門選者
  • 201604, 201703, 日本語検定研究委員, 日本語検定試験問題に関するレポート作成・アンケート回答, 研究委員

学会の役員就任

  • 201704, 201803, 岡山県俳人協会, 副会長(理事の役職はない)として、会の運営
  • 201704, 201803, 子規研究の会, 正岡子規に関する研究、俳句創作
  • 201604, 201703, 子規研究の会, 正岡子規に関する研究・俳句創作活動
  • 201604, 201703, 岡山県俳人協会, 岡山県俳人協会の運営


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.